So-net無料ブログ作成

消費税「自民案の10%を一つの参考に」−菅首相、民主マニフェスト発表会で(医療介護CBニュース)

 菅直人首相は6月17日、東京都内で開かれた民主党の参院選マニフェスト(政権公約)の発表記者会見で、消費税の取り扱いについて「今年度内にあるべき税率や逆進性対策を含む改革案の取りまとめを目指す」との方針を示した上で、「当面の税率は自民党が提案している10%を一つの参考にする」と述べた。

 同党は参院選マニフェストで、菅政権が打ち出した「強い経済」「強い財政」「強い社会保障」のスローガンを前面に押し出し、財政健全化に向けて「消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始する」と明記している。菅首相は、超党派の協議が困難な場合は「民主党が中心になり、改革案を取りまとめる」との考えを示した。ただ、消費税率の引き上げ時期については言及を避けた。 
 菅首相はまた、社会保障と経済の関係について「従来、社会保障は『負担』という言葉で、どちらかと言えば経済成長の足を引っ張るものだとみなされてきた」と指摘。「この見方を根本から変えなければ、日本の再生はない」と述べ、マニフェストで掲げた経済・財政・社会保障を一体で改革する方針や、医療・介護などの社会保障分野を成長領域と位置付ける考え方などに理解を求めた。


【関連記事】
消費税率は「当面10%」―自民党が参院選公約を発表
介護職員や看護師の職場環境整備など盛り込む−社民党、政権公約
「強い社会保障」意識し、医療・介護も成長分野に−民主、参院選マニフェストを決定
診療報酬に「明確な方向性」―民主マニフェスト
「新代表には成長戦略と財政健全化をセットで」−民主「国家財政」議連・玄葉氏

<事故隠し>「当て逃げされた」警部がうそ…処分検討 愛知(毎日新聞)
<南アW杯>名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率(毎日新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
<テロ対策>航空保安対策強化 米と連携 インドネシアに機材、政府供与へ(毎日新聞)
<業務上横領>コンビニ店長、売上金持ち逃げ 埼玉(毎日新聞)



イコカカード62回不正使用 JR西社員を懲戒解雇(産経新聞)

 JR西日本は7日、ICOCAカードの乗車記録を不正に消去したとして、北新地駅勤務の男性社員(53)を同日付で懲戒解雇したと発表した。警察への被害届の提出も検討する。

 発表によると、社員は同駅で拾ったり購入したりしたカード計6枚を所有。平成20年9月〜今年4月、在阪の私鉄などで62回、1万6550円分の運賃を支払わず乗車したとしている。

 社員は妻や友人ととも、阪神甲子園球場に野球観戦や大阪府箕面市の温泉施設へ出かけたりした際にカードで乗車。後日、勤務地の北新地駅でカードの乗車記録を消去していたという。

 JR西は16年9月、ICOCAカードの不正使用で社員ら72人を処分。その後、不自然な乗車記録の消去を定期的に調査しており、今回の不正が発覚した。社員は「調査のことを知っていたが、小遣いほしさにやってしまった」と説明しているという。

【関連記事】
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
相模鉄道の車掌が2年半キセル 磁気定期を不正操作
西武鉄道社員キセルは19人 不正総額は155万円に
キセル乗車問題で新たに14人不正 相模鉄道
近鉄社員が不正乗車 乗り越し運賃着服も
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

会期延長、菅氏の判断=民主・輿石氏(時事通信)
首相選出日程に野党反発「民主の都合だけで横暴」(読売新聞)
故中内功氏の次男、贈与税2億円脱税の疑い(読売新聞)
契約後の法規制に賠償認めず=土地汚染で買い主敗訴―最高裁(時事通信)
民主党新代表に菅氏…291票獲得(読売新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。